PAGE TOP

cat01_02

“幸せホルモン ” 「オキシトシン」

2019/09/09


五感で快楽を感じると分泌されやすくなる、”幸せホルモン”「オキシトシン」
他に愛情ホルモンとか、安らぎホルモンとかいろいろな呼ばれかたをするホルモンですが、自律神経を整え、入眠に誘うだけでなく、心を安定させるセロトニンの分泌を促す作用があったり、食欲抑制効果(ダイエット効果)もあるんだそうです…。

そして、マッサージがかなりオキシトシンを増やす効果があることも雑誌の記事を読んで、あらためて知り、やっぱり人の手から伝わる感触、熱量って、癒し効果があるんだなと感じます。

アメリカの専門誌によると、マッサージにはオキシトシン分泌促進効果があることが判明されているそうで、マッサージを受けた人はオキシトシンが17%増えたのに対し、休んだだけの人はオキシトシンが9%減った実験結果が寄せられているそうです。

本当に疲れてしまった時は、カフェで一息つくのもいいですが、それより、リラクゼーションマッサージを受けていただいた方が、お身体が深く休まるかもしれませんね🍀

Comments are closed.