PAGE TOP

cat01_12

☆☆☆ 困らせる勇気 ☆☆☆

2017/10/02

皆さんこんにちは。朝夕涼しくなり、過ごしやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今日は全く困らない二人の我が息子について、書かせて頂きます。

大好きな二人の息子なのですが、いかんせん呑気、いや自分のことが出来ない、いやいや、何もかもいつの間にか足りている。

どういうことかと言うと

朝寝坊をしても遅刻しない。忘れ物をしてもいつの間にかある。片付けなくても片付いている。他にもた~っくさん🙍

これは、子を孫を可愛いがあまりに、困らないように、妻や義母が手を足しすぎているのです。
なのに、あの子達は何時になったらできるようになるのかしら・・・と漏らしてしまう。

私はいつも、「ほうっちょきや、自分が困らんと分からんでっ!」
二人ともその時は、大きく頷き納得するが、いざその場に出くわすと、ついつい。

私と妻や義母、どちらが正解かは分からない。あと、男と女性いや母心の違いもあるでしょう。

ただ、私は困ることは必要だと感じます。とてつもなく大きな失敗や誤ちは、もちろん回避させてやるべきだと思いますが、小さな困りはむしろ沢山させるべきだと思います。もちろん、子どもだから故ですけど。

可愛い子には旅をさせよ

案外、何とかなってるかもしれません(o^^o)

たにもと

Comments are closed.