PAGE TOP

肩こりを防ぐための姿勢とは~(*^^*)♪

2017/03/21


皆さんは、無意識の時にとっている姿勢について気にされたことはありますか?
一番楽な姿勢を取ったり、具合いが悪い部分を表面に出して座っていたり(表現が伝わりづらかったらすみません。)猫背になっていたりするかもしれません。

姿勢の悪さからくる肩こりは、正しい姿勢を身につけることで防ぐことが可能です。当然のことかもしれませんが、普段の生活の中で、今一度意識していただくだけでも変わってくることでしょう。気づいたらねこ背になっている、という方は、まず正しい姿勢とはどのようなものかを改めてチェックしてみたいものです。
以下の要領で試してみてください。

まず、鏡の前に立ちます。

あごを引き、肩の力を抜き、左右の肩が同じ高さになるようにしましょう。
肩甲骨をやや後ろに寄せます。
下腹部に軽く力を入れ、お腹を引っ込めます。
肛門を引き締め、骨盤をしっかり立てます。
横から見たとき、耳の穴、肩の中央、くるぶしが一直線で結ばれるようにします。(これは、aimuの施術の最後でもチェックさせていただいています。)

この姿勢を保ったまま、壁を背にして立ってみましょう。後頭部、肩甲骨、お尻が壁に触れれば正しい姿勢がとれています。

また、立ち上がるときは、頭の上にのせた風船に軽く上に引っ張られていくようなイメージで立つとうまく立てるそうです。

イスに座るときも背筋を伸ばします。そして、腹筋と肛門を引き締めながら深く腰かけます。長時間、机に向かって作業を行うときは、30分から1時間に一度は手を休め、首や肩を回して筋肉をほぐしていただきたいです。

姿勢が良い方は、健康な人と言われますよね。良い姿勢でいることが一番楽な態勢でありたいものです。

今日も、心身ともに健やかで、素敵な1日でありますように🍀

しまむら

Comments are closed.